フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2018/11/10

TU-8600R

17681

いっきに製作。無事完成しました。
製作時間5時間ぐらいでしょうか。まったく問題なく、組み立てられます。さすがエレキット。なかなか考えられていますね。
さっそく音だしです。
まったく問題なし。ハムもなくばっちりです。300Bシングルで、これだけできていればお安いですね~。
バイアス回路も面白いので、いろいろ検討してみたいと思います。

2018/09/16

TU-8600R(2)

昨日、無事商品が到着しました。
結構大きなダンボール箱にしっかり収まってます。
真空管アンプのKit作成は初めてですが、全部プリント基板化されていてびっくり。うまく設計してますね~。
トランスからの配線もすべてコネクタ渡しで。B電圧をコネクタ渡しとすると沿面とか、ちょっと怖い気もしますが。
回路もちょっと変わったBIAS回路です。

ちなみに、真空管は自達しなければなりません。12AX7 、12AU7*2 を日本橋で買ってきました。

暇をみて、いっきに作り上げたいと思います。(^^)/

 

2018/09/11

TU-8600R

そろそろ、ElekitのTU-8600Rが発売されそうですね。
一応、予約は済んでいますが... いつ入手できるかな。

Tu8600r_mainthumb960xauto1438
12AX7がないので、買っておかないと。

2018/09/10

300B-98

1536583744871.jpg
上海万博の時買ってきた,300Bを、やっと火入れしました。しばらくエージングです

2015/07/04

Raspberry Pi2 + LXA-OT3

1年以上も更新していなかったとは...

Raspberry Pi2、買ってあったのですが、なんにもしてなくて。
HDMIのモニターも持っていなかったので、ずっと、机の隅に寝込んでいました。

これはいけないと、モニターを入手。
なんと、ふるさとチョイスから、ふるさと納税で、iiyamaのモニターをGet! 2000円で買えるなんて。うれしいかぎりです。

Raspberryとモニタで、やっと 火入れです。なんの問題もなく小型Linuxマシンの出来上がり。
ちょこちょことPythonで遊んで、さてどうしましょう...

Webをみていると、Rasberry PiとDacで、リモートオーディオプレーヤを作るネタが。
さっそくお試しです。

VolumioというLinux Binaryを入れるだけで、あっという間にLinux Audio Playerに。(詳しい方法は、Webに一杯あるので)
で、手持ちのStereo誌付録のDACをつなげると、しっかり認識。
携帯orWebからアクセスするだけで、NASのDataをリモートで再生。快適~。


つぎは、Hueとリンクさせますか(笑)

2012/11/23

駿河屋

デジタルハリネズミGURUもやってきまして、ちょっとはまっています。
なかなかいい味を出してくれます。
021

027

037

で、関係なく、駿河屋のCD福袋Sale。いまさらCDといわれそうですが、世代的には形がないと...
1211_index
たまには、聞いたこともないCDを適当に聞くのもいいですね。
※長岡鉄男が、秋葉で棚積みの適当にレコードを買ってきて...なんて話あったな~。古すぎる...(^^;

2012/10/21

SX-WD5KT完成

8月に入手以来、なかなか手をだせずにいたSX-WD5KT スピーカキット。ようやく完成しました。
色塗りにかなり苦労しました。下塗り1回、上塗り3回、水研ぎ後1回。ムラがちょっと残ってしまったのが残念。
でも、ま手作り感は、あって(^^;
やっと、エージング開始です。
いろいろな批評にあったより、効率がいがいとよくて。今は、身近に比較できるSpがないので、山下達郎の OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜を聞きながら、自己満足に浸っています。
また暇をみてチューニング開始です。

20121021_171658


20121021_171736

2012/08/19

SX-WD5KT到着!

20120819_091920

無事到着。格安なのでちょっと心配でしたが(^^;
ぼちぼち制作開始したいと思います。

2012/07/22

Stereo誌付録 スピーカ

Stereo誌&Mookとどきました!
さっそくスピーカBOXを組みたて、10cmスキャンピークス製スピーカを取り付けました。
20120722_210014
アンプは同じくStereo付録アンプで再生。

去年の8cmスピーカキットとくらべると、10cmと、完成品ということもあってか、落ち着いた十分市販品以上のクオリティ!。ま、もうちょっと箱が大きいと低音がでるかなとも思いますが、そこはちょっとトーンコントロールで補正してやれば、パソコン用ニアスピーカとしては、もったいないレベルです。

うーん。もう1ユニット買っておこうかな~。


2012/07/16

Stereo誌スピーカ工作版

毎年恒例のStereo誌スピーカ付録の季節ですね。
今回は、本誌のユニットの付録と、エンクロージャキットのMookです。両方で、7000円強と、普通に買ったほうが安いじゃないか、という方もいるかもしれませんが、そこはそこ。ポチット予約しました。
おとなの夏休みの工作におすすめです。
※ちなみに、去年版はアンプキットとともに、パソコン用スピーカlとして活躍中です。