フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2012 Calender | トップページ | 手嶌葵コンサート »

2011/12/18

imodela VS バルサ

imodela 消しゴム工作や、名刺入れとかパネルに名前を入れてみる加工がほとんどでしたが、今回は、バルサを加工してみました。
やっぱり思ったとおり、けばけばが出てきてしまって...
R0018759s

こんどはMDFでやってみよーかなと思います。

|

« 2012 Calender | トップページ | 手嶌葵コンサート »

コメント

はじめまして

私もiModela>バルサで切削しましたがケバケバはほとんど出ませんでした。
いろいろ試してみたのですが、荒削りを大きくザックリ削った後で、仕上げの切削を細かく(パス間隔、切り込み量共に0.1mmピッチなど)で細かく仕上げをかけるとかなり綺麗に仕上がります。
荒削りはパス間隔1.3mm~1.5mm、切込み量1.5mmでザックリ削ると物凄く早く終わります。
iModelaの欠点である「切削時間がかかりすぎ」を解消することができます。

刃物の特性も重要で、私はプロクソンの超硬カッター 2種セットを使いましたが刃物径がiModelaで使える最大径の2.3mmなので問題なく使えました。
切れ味が良い(金属、ガラス用なので当たり前ですねw)のでケバケバも全く気になりませんでした。

http://www.amazon.co.jp/PROXXON-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3-%E8%B6%85%E7%A1%AC%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC-2%E7%A8%AE%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-No-28750/dp/B0055AHKSA

刃の種類は状況によって二本を使い分けです。

バルサの木目が気になる場合は小さいものに関しては瞬間接着剤を塗ることで表面を硬化できます(100均の安物でOK)。

この方法だと切削時の音が少々出ますが、ザックリ早く、仕上げも綺麗にできます。


以上、参考まで

投稿: unico | 2011/12/21 23:51

なるほど!
アドバイスありがとうございます。しかも瞬間接着剤ですか。試してみたいと思います。

投稿: yasusoda | 2011/12/24 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40095/53514357

この記事へのトラックバック一覧です: imodela VS バルサ:

« 2012 Calender | トップページ | 手嶌葵コンサート »