フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« CPUをつくろう | トップページ | SmartQ 画面回転 »

2009/09/25

SmartQ ubuntuSDメモリ拡張

ubuntu V5になってから、ますますフラッシュエリアが少なくなって、単純に日本語化すると、95%以上といっぱいいっぱいです。前々からsoft.imgでエリアを拡張する方法がありますが、あなじみJTさんのBBSでSDメモリにsoft.imgとしてフラッシュエリアを拡張する方法が簡単に紹介されていたので、試してみました。
以下抜粋です。
①/etc/apt/source.listに以下の行を追加します。

deb http://ports.ubuntu.com/ubuntu-ports/ jaunty main universe restricted multiverse
deb http://ports.ubuntu.com/ubuntu-ports/ karmic main universe restricted multiverse

②sudo apt-get update でaptデータを更新します。

③SDメモリに用意するエリア(soft.img)の容量を設定します。
/usr/share/pyshared/GDebi/SDInst.pyの以下の行を修正します。
LOOP_FILE_SIZE = 256 #256M
LOOP_FILE_SIZE = 512 #512M 等、必要なサイズに変更します。

④以下よりdebファイルを落としてきます。
http://ports.ubuntu.com/ubuntu-ports/pool/universe/s/sl/sl_3.03-16_armel.deb

⑤SDカードをセットした後、ファイルマネージャーからインストーラを起動します。

⑥これでsoft.imgが作られるのですが、このとき、かなり時間がかかりますので、辛抱強く待ちます。(^^;

⑥あとは、apt-getでインストールを行うと自動的に、SDカード内のsoft.imgに作られますので、好きなソフトウエアを落とせばOKです。

ちなみに、まずはFirefoxだ、と思って落としましたがうまくインストール出来ませんでした(T_T)
結局、Gnome-gamesやら、xpad、meditといった小物を落としてみました。これで、SDブートにしなくとも、多少、メモリ容量を気にせず使えるようになります。

|

« CPUをつくろう | トップページ | SmartQ 画面回転 »

コメント

sl_3.03-16_armel.debをダウンロードしてそのまま実行すると最新版がチャンネルであるとかないとか言ってエラーになります。

dpkg -i sl_3.03-16_armel.debを端末で実行したのち
パッケージインストーラーを使用したらSD内にsoft.imgがきちんとつくられたようです。

8GbのSDを使用していて、4GBのsoft.imgを作る指定にしたので、soft.imgを作成するのにかなり時間がかかりました。

投稿: | 2009/09/28 13:01

追記 4gbでのsoft.imgは大きすぎるせいかエラーになってます。
2gbならsoft.img問題なさそうです。
まだ追加でアプリインストールしてませんが、何か問題あるようでしたらお知らせします。

投稿: | 2009/09/28 13:36

こんにちは。
情報ありがとうございます。
私は1Mでつくってみたところ、止まったかと思って、ファイルマネージャーでSDをみたら、soft.imgがつくられつつあった(^^;ので、我慢してみました。
あまり速度も気にならないので、結構良さそうですね。
智器BBSにもいろいろなsotf.imgが上がっているようなので、試してみたいと思います。

投稿: yasusoda | 2009/09/28 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40095/46309572

この記事へのトラックバック一覧です: SmartQ ubuntuSDメモリ拡張:

« CPUをつくろう | トップページ | SmartQ 画面回転 »