フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« SmartQ USBホスト機能 | トップページ | SmartQ 導入編(3) »

2009/08/08

SmartQ 導入編(2)

音楽プレーヤー化
 
 smartQの実用的(?)な使い方といたら、やっぱり音楽プレーヤでしょうか?
SDカードにMP3で曲をいれ、sonataアプリで再生することができます。
最初は、sonataに取り込まれるのに時間がかかり、てっきり再生できないんだと思って、いろいろな圧縮率のファイルをいれたのですが、単に時間がかかっていただけでした(^^;
 もう一つ、私のマシンのみかもしれませんが、なぜかイヤホンでしか聞こえません。
仕様か?故障か?(^^; (WinCEでは音がでたので、ドライバの問題のようです)
SDへの曲の登録は、フォーマットはfat32形式でOK。
Windowsマシンで書き込んだデータで問題ありません。
 
コミックリーダ化
 SmartQの実用的(?)な使い方をもう一つ!
 aptにてcomixを落として、コミックリーダとして使うこtができます。こうすると、スキャンした本や、マンガを、SQ5で持ち歩くことができます。もちろん縦表示もOKです。

 まず、Webに接続しておきます。
 コマンドコンソールを開き、
 #sudo -s
#apt-get update
でaptファイルリストを更新しておきます。
#apt-cache search comix
でファイルがあるか確認できます。
 #apt-get install comix
でcomixがインストールされます。メニューに従ってインストールを行います。最後に、
 #reboot
でブートし直せば、メニューにcomixが追加さます。
 SDにいれた画像ファイルを選択すれば表示されます。また
縦横表示も変更できますので、電車の中とかでも、十分に使用することができます。

|

« SmartQ USBホスト機能 | トップページ | SmartQ 導入編(3) »

コメント

本体スピーカーは、画面右上のお日様
マーク(Power Management)をクリック
して、「Setup」を押し、「Normal」タブ
の「Close Spraker」のチェック外す、で
出るんではないでしょうか。
解決済みなら失礼。

投稿: tdk | 2009/08/12 15:18

tdkさま
情報ありがとうございます。
気がつきませんでした。早速試してみたいと思います。

投稿: yasusoda | 2009/08/12 19:12

apt-get updateを実行してもエラーが出て終了してしまうんですよ。
ネットにはつながってるんですが、「could not connect~」と表示されます。
特別な設定ってありますか?

投稿: 組長 | 2009/09/03 21:50

組長さま
返信おくれましてすみません。
aptのサイトを定義するために /etc/apt/sources.list
の変更が必要になります。(Azさんの日本語化キットだと、この辺も自動的にセットされます。)
sources.listの中を、
deb http://repository.handhelds.org/hasty-armv6el-vfp hasty main multiverse universe restricted
に変えてみてください。
これで、いけると思います。お試しください。

投稿: yasusoda | 2009/09/06 22:40

comixインストールできました。
ありがとうございます。

あのう拡大鏡を使いたいのですが、長くタッチしてると拡大鏡がすぐにメニューが出てしまって不便です。。。

拡大鏡をうまく使う方法ありませんか?

投稿: simasima | 2009/09/13 23:02

simasimaさま
こんばんは。すみません。ubuntuもブートとかの環境遊びにはまっているおかげでアプリを活用していません(^^;
逆に、なにかいいアプリとか使いかたがありましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いいたしたします。

投稿: yasusoda | 2009/09/15 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40095/45868589

この記事へのトラックバック一覧です: SmartQ 導入編(2):

« SmartQ USBホスト機能 | トップページ | SmartQ 導入編(3) »